本文へ移動

6.製袋機のシール方式について

大別致しまして『カットアンドシール方式』と、『シールアンドカット方式』の 2 つがあります。
 
『カットアンドシール方式』とは、ポリエチレンチューブを任意の寸法でカットした後シールする方法です。
それに対して『シールアンドカット方式』とは、ポリエチレンチューブにシールを施した後カットする方法です。
 

◆ カットアンドシール方式

この方式はシールより先にポリエチレンチューブをカット致しますので、シールを行う際にはすでにシール部分と原反の縁が切れており、送りだし時にシール部分にテンションがかからずシール部分は伸びず、(逆にシール施工後樹脂の収縮が発生しシール部分が盛り上がり)厚肉のシールが可能となります。ちなみに弊社比較では、 25%以上のシール強度の差が発生します(このシール方式が弊社の方式です!)。

♦シールアンドカット方式

この方式はカットより先にポリエチレンチューブをシール致しますので、(シールを行なった時点ではポリエチレンチューブがつながった状態)次の工程への原反の送りだし時にシール部分にテンションがかかってしまいシール部分が伸びてしまう現象が発生します。伸びるという事は薄くなるという事で、シール「際」の強度向上が困難になります。