本文へ移動

ハイスリップクリーン袋(無添加・2枚重ねタイプ)

 『ハイスリップクリーン袋(無添加・2枚重ねタイプ)は、クリーンポリ袋をあらかじめ同材質のクリーンポリ袋にインサートして納入させて頂く2枚重ねのポリ袋です。内側・外側のいずれかが、何らかの要因で破袋したとしても、もう片側で漏れを防止する事ができます。
 従来の無添加タイプのポリ袋は、無添加原料を使用するが故に「袋の口開き性」と「すべり性」が非常に悪いため、2重に重ねる二次加工は大変困難です。その事から、ポリ袋に含まれる添加剤成分を嫌われるお客様においては、現場にて無添加ポリ袋を2重にしてご使用頂かざるを得ない状況でした。
 
 しかし、この度弊社において原料段階から開発を重ねることで、袋の口開き性やすべり性に優れた「無添加ポリ袋」の生産が可能となりました。
 本製品は上記開発原料を使用することで、無添加でクリーンな2P袋(2重袋)のご提供を実現することが出来るようになりました。更に当該原料は『ASOハイクリーンポリ袋』にて実績のある原料をベースと致しておりますので、ご安心して御使用頂けます。
 

製品仕様

全体
非常に高いすべり性
開口部付近
底部分
【 特  長 】
 
  1. 今まで、製造現場にて行っておられました、ポリ袋を2重に重ねる工程が不要になります。
  2. 2重に重ねる加工は、弊社の準清浄区域内で行いますので、コンタミの混入を抑えることが可能です。
  3. 使用原料は『ASOハイクリーンポリ袋』にて実績のある無添加原料をベースにしておりますので、ご安心して御使用頂けます。
  4. 第十七改正日本薬局方『ポリエチレン製又はポリプロピレン製水性注射剤容器』『食品衛生法第370号』『CFR21 (FDA)』の試験を実施しております。
  5. 袋内面も独自技術により高い清浄度を保っております。

すべり性試験

ハイクリーンポリ袋 
0.1X550X900
ハイスリップクリーン袋
0.1X500X900
一般L-LDPEフィルム
0.1X550X900
測定方法
静摩擦係数
内面
0.70
0.39
0.14
スリップテスター
外面
0.57
0.42
0.15
動摩擦係数
内面
0.65
0.41
0.13
外面
0.51
0.37
0.13
※本データは実測値であり、保証値ではありません。

フィルム物性

ハイスリップクリーン袋
0.1X500X900
ハイクリーンポリ袋
0.1X550X900
測定方法
引張強さ
(MPa)
MD
27.8
27.6
オートグラフ
TD
26.7
27.3
伸び
(%)
MD
735
350
TD
760
560
引裂強さ
(N)
MD
3.2
2.4
エルメンドロフ
引裂試験機
TD
4.0
3.1
引裂強度
(N/mm)
MD
32.0
23.9
TD
39.5
30.7
ヘーズ
(%)
13.5
20.9
ヘーズメーター
突刺強度
(N)
3.3
4.2
オートグラフ
酸素透過度
(ml/m2・24・MPa)
14840
28910
ガスクロマトグラフ
透湿度
(g/m2・d)
2.76
5.14
赤外線センサ
※本データは実測値であり、保証値ではありません。

内面清浄性データ

ASOハイスリップクリーン袋
0.1㎜×500㎜×900㎜
管理粒径
2μm
3μm
5μm
10μm
25μm
40μm
測定値
37
23
7
2
0
0
47
29
6
3
0
0
37
25
4
1
0
0
最大値
47
29
7
3
0
0
平均
40
26
6
2
0
0
最少
37
23
4
1
0
0
ASOハイクリーンポリ規格袋8号
0.1㎜×550㎜×900㎜
管理粒径
2μm
3μm
5μm
10μm
25μm
40μm
測定値
39
25
4
0
0
0
43
23
3
0
0
0
34
14
4
1
0
0
最大値
43
25
4
1
0
0
平均
39
21
4
0
0
0
最少
34
14
3
0
0
0
※本データは実測値であり、保証値ではありません。
※上記内面清浄性データは、2枚重ね加工前に測定した数値です。
 
【測定方法】
上記ポリ袋に、ブランクカウントが0に近づいた無塵水500mLを充填し、ポリ袋の口を結束後、10mL抽出して3回測定し、平均値を算出する。数値は合計カウント数となります。

製品に関するお問い合わせに関して

本製品に関してのお問い合わせに関しまして、袋の御希望【厚み】【幅】【長さ】の情報を御連絡下さい。